ヒルナンデス 超濃厚!冷凍卵の作り方とアレンジレシピをプロが伝授

冷凍卵

冷凍→解凍で食感が変わることを利用して、こんにゃくや豆腐を凍らせて肉がわりにしたりするダイエットメニューが少し前に流行しましたが、それとはまた違った意味で人気のある冷凍食材、「冷凍卵」をご存じでしょうか? 

今回は6月28日放送の「ヒルナンデス!」より、料理研究家の島田まきさんのご指南による、簡単でおいしい、すぐマネしたくなる冷凍卵料理のレシピ4点をご紹介しましょう。


  
スポンサーリンク


冷凍卵の作り方と賞味期限・注意点は?

冷凍卵

出典:https://kinarino.jp

冷凍卵」で検索してみますと、ここ2、3年ほど静かなブームになっているのが窺えます。


冷蔵庫にいつもある大変ポピュラーな食材「卵」を一旦凍らせ、解凍するだけで、黄身が驚きのもちもち食感になり、いつもの「卵かけごはん」すらも大変身してしまうような、くせになる味わいなのだとか。

卵の表面をキッチンペーパーでよく拭いて、フリージング用の保存袋に入れ、12時間凍らせれば完成します。

1時間ほど自然解凍すると、白身だけが戻り黄身がぷっくりした状態になるはず。

卵を冷凍すると水分が飛ばされ卵黄は濃縮されるため味が濃くなるのです。


注意点としては

スーパーで買ってきた卵の場合はあまり汚れていないかもしれませんが、養鶏農家から直接買ったりいただいたりしたものだと、場合によっては血液や毛などの異物がついていることもありますので、ここで清潔にすることが大切です。

又、賞味期限は1カ月くらいですが、これからの季節は食中毒のおそれもありますので、保管にはくれぐれも注意してください。


特に黄身が料理の際には「肝」になるので、解凍状態を確認しながら、取り扱いに注意しましょう。


戻った白身の部分は、製菓材料、スープの浮身、揚げ物の衣に混ぜるなどして使えます。

Amazon「冷凍卵」で検索した結果…レシピ本がたくさんヒットしましたのでご参考に。




島田まきさんのサイト
http://www.irreelbis.jp/


醤油漬け卵おにぎりの作り方

醤油漬け卵おにぎり

いずれのレシピも1人分の分量です。
人数により加減してつくってみましょう。

【材料】

冷凍たまご(黄身のみ)
醤油大さじ2 
はちみつ小さじ1
わさび小さじ2分の1
ご飯120グラム
塩少々
焼き海苔1枚

【作り方】
醤油、はちみつ、わさびを混ぜ合わせて作った調味料に、冷凍卵黄を落としラップをして30分ほど漬け込んだ後、天むすをつくる要領で、おむすびの山のてっぺんから黄身をのぞかせるように握り、海苔を巻いたらでき上がりです。

隠し味のはちみつがポイント。

卵の臭みを消すのに役立ちます。

スポンサーリンク


半熟卵の天ぷら

半熟卵の天ぷら

こちらのレシピでは、卵は皮をむいてそのまま使えます。

チェーン店のうどん屋さんのサイドメニューなどでもおなじみの「半熟卵の天ぷら」が、慣れていない方でも簡単につくれるありがたい方法ですね。

【材料】
冷凍卵 1個
小麦粉 適量
天ぷら粉 30g
水 30ml
青のり 小さじ1/2
粉チーズ 少々

【作り方】
天ぷら粉に水と青のりを混ぜ、風味豊かに揚げましょう(170度で6分)。

衣をつける前に、むいた卵に薄く小麦粉をまぶすのがポイントです。

粉チーズのほんのり塩味で食べるのがオススメですが、青のりの代わりに粉のバジルやパセリを使うと、ぐっと洋風寄りに。

チーズに加え、トマトソースも合いそうです。


新感覚のカプレーゼ

カプレーゼ

トマトとモッツァレラチーズでごくシンプルな仕立てなのにとってもおいしい「カプレーゼ」。

ここに半解凍状態のスライスした黄身を仲間入りさせることで、新たな味&食感が楽しめますよ。


卵を解凍するとき、ちょっと短めの40分程度に抑えておくことがポイントです。

「やや凍った」状態のほうが、包丁を入れやすいため。

【材料】
冷凍卵(卵黄のみ) 1個
トマト 1個
モッツァレラチーズ 40g
塩、こしょう、バジル 少々
酢 小さじ1/2
オリーブオイル 小さじ1
マーマレード 小さじ1

【作り方】
トマト(1個)とモッツァレラチーズ(40グラム)をスライスし、3つを重ね合わせてドレッシングと調味料をまんべんなく振りかけるだけです。

ドレッシングの隠し味には、さわやかなマーマレード小さじ1を入れます(酢小さじ2分の1とエクストラバージンオリーブオイル小さじ1と合わせて撹拌)。


このレシピでは使いませんが、この写真のように生のバジルが手に入る方は試してみては?


肉巻き冷凍卵のトマト煮

肉巻き冷凍卵のトマト煮

こちらも解凍要らず。

【材料】
冷凍卵 1個
小麦粉 適量
豚バラ肉 2枚
塩・コショウ 少々
トマトソース缶 100ml
水 80ml
パセリ 少々
粉チーズ 少々
ご飯 150g

【作り方】
皮をむいた冷凍卵に、塩コショウで下味をつけた豚バラを2枚、完全に卵が隠れるように巻き付け、トマトソースで中火で10分煮込んだらでき上がり。

ご飯に載せてどんぶり仕立てにするのもおすすめです。


トマトソースは、生のトマトやホールトマトの缶詰を使って自作してもおいしそうですが、できあいのもので十分です。


まとめ

一旦凍らせることで、黄身の味がぎゅっと凝縮されて濃厚になるのがこの食材のポイント。

スーパーで卵が安売りになっているとき、「お1人(お一家族)2パックまで」などと書いてあると、つい買ったはいいものの、ゆで卵を大量に作ったり、朝のオムレツや料理の補助食材で消費するだけでおしまい、なんてことが多く、代わり映えしないなあと思っていたのですが、冷凍卵にしておけば、レパートリーを広げるのにも役立ちそうですね。


  
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ