NY発ヘアサロン・ウォーレントリコミ 原宿の場所と予約方法は?

エドワード・トリコミ

海外から日本に進出した人気ショップを紹介しているめざましテレビの「ナイスキャッチィ」のコーナーで、本日4月30日は過去3日のグルメ情報とはガラリと変わり、ニューヨーク発のユニークなヘアサロンが登場しました。

このヘアサロンのNY店ではジョニー・デップやティム・バートン、レオナルド・ディカプリオ、トム・クルーズなども常連だとか。

そして、この店を手がけるエドワード・トリコミシザーハンズのモデルとなった美容師さんなんです。


  
スポンサーリンク


ウォーレン・トリコミ ニューヨーク

 今年3月27日、表参道に日本1号店として出店されたのが、ニューヨークで日本のヘアサロン「ウォーレン・トリコミ」。

 ヘアスタイリストのエドワード・トリコミと、カラーリストのジョエル・ウォーレンが手掛けるサロンは、本国のセレブリティたちにも大人気ということで、日本での今後のヒットも最初から約束されているようなものでしょう。

エドワード・トリコミ
出典:http://amd.c.yimg.jp


 エドワード・トリコミは、両手を使って鮮やかに髪の毛の内側だけをふんわりとカットしていくというテクニックで魅力的なスタイリングをするヘアアーティストですが、1991年のジョニー・デップ主演の映画「シザーハンズ」のエドワードのモデルになった人でもあります(映画の中のエドワードとは違い、ハサミを持っているのは右手だけですが……)


WARREN TRICOMI PRESENTS GIRLS NIGHT(公式動画)


もちろん、表参道のショップのスタイリストも、このテクニックをマスターしているとのことです。

WARREN TRICOMI New York

東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザB1F
03-3409-9076
営業時間/平日9:00~21:00(最終受付20:00)
土日祝9:00~20:00(最終受付19:00)
定休日:年中無休
予約:下記の公式サイトからWEB予約が可能です
http://warrentricomi.jp/

地図
東京都渋谷区神宮前6-28-6


アクセス
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅 徒歩1分
JR山手線「原宿」駅 徒歩6分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅 徒歩10分
東急東横線・東京メトロ副都心線「渋谷」駅 徒歩10分

スポンサーリンク


シザーハンズ

シザーハンズ
出典:https://ssl-stat.amebame.com

 1990年クリスマスシーズンに公開されたアメリカのファンタジー映画(日本公開は翌年7月)。

ティム・バートン監督。両手がハサミでできた人造人間エドワード(ジョニー・デップ)と人間の少女キム(ウィノナ・ライダー)の風変わりで美しいラブストーリーで、今でもカルト的な人気を誇る作品です。

 ジョニー・デップの名前をこの作品で知った映画ファンは多かったものの、かなり特殊なメイクを施したエキセントリックな役だけに、その美青年ぶりが知られるようになるのはもう少し後のことです。

 また、この作品以降、バートンとデップが手を組んだ映画はほぼ「バディムービー」と呼びたくなるほど、2人は切っても切れない関係になりました。


今、女性に人気のヘアスタイルは?

 最近、人気のヘアスタイルは、「アゴぐらいまでの長さのボブ」、または「そのボブが伸びて、鎖骨に触れるくらいの長さ」とのこと。

想像してみると、軽く内巻きの、茶目っけのある小粋な印象の女の子が浮かびます。


 実際、そういったスタイリングの若い女性たちに「誰(有名人)をイメージしたヘアスタイルか」を尋ねてみると、挙がってきた名前は、広瀬すず、玉城ティナ、大原櫻子、水原希子、三戸なつめ(すべて敬称略)といった、ニュアンスやイメージの違いは少しずつあるものの、みんなショートボブがよく似合う女性ばかりです。


 ただ、「どうしてもハネてしまうので、ヘアアイロンで直さないと」という意見も聞かれました。


私は小泉今日子さんのグラデーションボブが大人気だった頃にお任せで切ってもらったら、見る見るうちにその頭にされ、お任せの上に美容師さんが厚意でしてくれたことなので、「キョンキョンだからサマになるスタイリングをなぜ私にした!」という恨み言のぶつける先も見つからず、伸びたら伸びたで毛先のはね上がり方が「『機動戦士ガンダム』のセイラ・マスみたい」とからかわれ、二大美女と不当に並べられるというはずかしめ?を受けた苦い経験があります。

80年代のあか抜けない女子高生と違い、現代のオシャレでかわいい若い女性たちは、マメにカットするとか、自分なりの創意工夫をするなどでキープしていくのでしょう


まとめ

エドワード・トリコミ氏は表参道店のオープンに合わせて来日し、その鮮やかなカットを披露してくださったようです。

ちょっとエキセントリックだけれど魅力的な風貌は、なるほど、“シザーハンズ”そのものです。


  
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ