水素水ってアトピーに効果あるの?万病をも治す抗酸化パワーとは?

水素水

多くの病気や体調不良の原因と言われるのは、体の酸化、つまり「サビ」です。

さまざまな金属の物質のいわゆる「サビ」を想像すると、経年劣化や手入れ不足で古びてしまったイメージが浮かぶせいか、見た目や美容などの方面を連想しがちですが、目に見えない体の中のサビを放置するのは禁物です。

12月13日放送の「健康カプセル ゲンキの時間」では今話題の水素水をとりあげ、サビない身体の作り方が紹介されていました。


  
スポンサーリンク


活性酸素とは?

人は呼吸の際、大気中の酸素を体に取り入れますが、そのうちの2%は体内で活性酸素に変容するとのこと。


そしてこの活性酸素、健康にまつわる情報では、しばしば「よろしくないもの」として扱われがちですが、実はウイルスや細菌を撃退する役目を持ったものだそうです。

ただ、必要以上に増えてしまうと、それかせ健康な細胞をも傷つけてしまうということで、これがいわゆる「サビ」の原因なのだとか。


余談ですが、コレステロールの「善玉」と「悪玉」も、たしかこんな感じで過剰になってしまうことが原因と言われていますよね。


活性酸素を増やしてしまう原因は、睡眠不足にストレス、暴飲暴食、喫煙とさまざまですが、これもまた、よく言われる病気や体調不良の原因とされているものばかりです。

元気で長生きしたければ、結局地道な生活改善が一番ということでしょうか。


抗酸化作用のある食材は?

生活改善の中でも心がけたいのは、やはり身体を作ってくれる「食べ物」に気を配ることです。


ビタミン類が豊富な野菜や果物は、やはり抗酸化作用のある食材としてたっぷり摂ることがおすすめですが、そもそも野菜・果物といった植物は、光合成で酸素をつくりますから、どうしても活性酸素とは無縁ではいられず、おのずと自分の身を守るための物質もつくられているケースが多いといいます。


トマトのリコピンは有名ですが、ほかにもホウレン草に含まれているルテイン、そしてちょっと長い名前ですが、大根に含まれるイソチオシアネートなども有効とされています。

基準としては、「色の濃い野菜」と「辛みのある野菜」がオススメとのこと。


そういえば子供の頃、ベテラン俳優さんが、毎日大根おろしを食べているのが若さの秘訣だとテレビでおっしゃっているのを見たことがあります。

また、人間の体の細胞は「外が脂、中が水」という構造のため、脂溶性ビタミンであるビタミンEの豊富な野菜と、水溶性のビタミンCを同時にとることがオススメだそうです。


注目食材・ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウト
出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp


最近大注目の野菜に、ブロッコリースプラウトがあります。


スルフォラファンというアブラナ科野菜に多く含まれる成分が特に豊富で、サラダなどで食べやすいことや、自宅での栽培が可能なことなど、利点がたくさんあります。

自炊をしないので、野菜は扱いが難しいという方にも、サプリメントがあるようですね。

お得な3個セット カゴメ スルフォラファン 90粒 02P13Dec15


お値段は安くはないのですが、ブロッコリースプラウトの栽培キットも販売されています。




水素水の効果とは?

水素水
出典:http://up.gc-img.net

「水(H)兵(He)リー(Li)ベ(Be)」の語呂合わせで覚えた人も多いであろう元素記号表。一番最初に登場するのは、元素記号Hの「水素」。

つまりは水素は宇宙で最も小さな物質です。


最近よく話題になる「水素水」とは、その水素が溶け込んだ水のことです。


水の化学式にそもそも「H」が含まれているので、一瞬「は?」となりますが、「水素豊富水」という言い方をする場合もあるそうで、こちらのほうがイメージしやすいですね。


水素水を体の中に取り込むことで、活性酸素を水素と結合させて水に変化させ、まさに「水に流してしまう」という効果が期待できるといいます。


大変小さな物質なので、体のあらゆる場所に入り込んで機能できるのも強みということで話題になっているようです。

自動洗浄機能付きでお手入れ簡単な最新型水素水サーバー


味もごく普通の水と何ら変わらず、1日に300から500ミリリットルの摂取でよいというのも、かなりハードルが低いのでは?


水素風呂でアトピー性皮膚炎の症状が緩和した例

また、外から体内に取り込むことも可能。

「水素風呂」の活用で、長年のアトピー性皮膚炎の症状が緩和されたという女性も番組に登場しました。


アトピー性皮膚炎の原因の一つは、炎症の要因となる増えすぎた活性酸素と言われています。


その活性酸素を除去する水素風呂の効果で炎症が緩和したと言うのです。


水素風呂に入って2日目、3日目ぐらいから変わっていくのが実感できたと言いますから驚きです。


アトピー性皮膚炎の治療の場合、活性酸素が発生した患部にダイレクトに水素が行き渡るため飲む水素水より水素風呂の方が効果的のようです。






これはまだ研究段階で、完全に治療法として確立されていませんし、入浴剤や生成器もまだ高価なものが多いものの、今後かなり一般的になる可能性もありますね。


まとめ

話題の水素水ですが、正直、いわゆる「トンデモ科学」の領域なのかな?というイメージがありました。

きちんとドクターが研究し、医学的根拠に基づいてよさを説明してくれれば、無関心ではいられませんね。


  
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ