子供が鼻血を出す原因と対処法は?熱中症の場合は?

鼻血

子供は大人に比べて粘膜が弱いので、少しの刺激で鼻血が出てしまう事が多いのですが、鼻血を出した場合の対処方法、注意点についてまとめてみました。

又、熱中症が原因で鼻血が出ることもあります。

そんな場合の処置方法についても紹介したいと思います。


  
スポンサーリンク


子供が鼻血を出す原因


子供が鼻血を出す原因は、鼻がむずむずと痒くなったりして鼻の中に指をつっこんでしまう機械的刺激の場合が多いです。

鼻の入り口から1~2センチ奥にキーゼルバッハと呼ばれる箇所があります。
そこは太い血管が表面に密集していて鼻血が出易い場所です。

子供の鼻血はほとんどこの部位からの出血です。
子供は大人に比べて粘膜が弱いので、少しの刺激で鼻血が出てしまいます。
キーゼルバッハと言われる場所は非常に出血しやすいのですが、圧迫で簡単に止血できます。

出血量が多くて、長時間止まらない場合は、血液疾患、鼻、あるいは鼻周辺の腫瘍等の可能性も考慮して、医療機関を受診しましょう。


子供の鼻血対処法


ほとんどの出血はキーゼルバッハ部位からなので、座らせて5分間、小鼻を指でつまんでいれば、キーゼルバッハ部位が圧迫され、通常であれば、鼻血が出なくなります。
鼻血が止まったら、鼻をあまりいじらないようにします。

又、鼻血を飲み込まないように下を向かせるか、うつぶせ、横向きに寝かせます。
それでも止まらなければ、耳鼻科を受診して止血してもらいましょう。


やってはいけないこと


上を向いたり、仰向けに寝ると、鼻血を飲み込んだり、気管に入ったりして、むせる、嘔吐することもあり、危険です。

首の後ろを強く叩くと、さらに出血が増えてしまいます。

又、鼻にティッシュをつめると、一時的には止血しますが、ティッシュを抜く時、できたての血の塊も一緒に剥がれてしまい、再び鼻血が出てしまうことがあります。

スポンサーリンク


熱中症で鼻血が出る原因


暑さで体内に熱がこもると、体温が上昇して急激に血液量が増加してしまいます。
その時、鼻の粘膜から出血しやすくなります。

鼻血が出るほど、外気温によって体温が上がっているということは危険な状態でもあるので、少しでも早く、体温を下げ、血液量を減らす必要があります。


熱中症で鼻血が出た場合の対処法


屋外で熱中症となり、鼻血が出た場合、動けるならば、素早くエアコンがよく効いた屋内に移動させて、寝かせましょう。

鼻血の処置を前記のように施しながら、められた血液が脳の方にいかないように頭を少し高くして寝かせます。

首の付け根、腋の下、股関節など太い血管、リンパ節などを重点的に冷やすと、体温が早く低下します。

熱中症の場合、汗や嘔吐と共にミネラルも失われているので、水分補給にはスポーツドリンク、塩分を含んだ栄養価の高い飲み物がおすすめです。


予防法


粘膜を強化するのに、日頃からビタミンCを多く含んだレモン、ブロッコリー等、フルーツや野菜しっかり摂ることをお薦めします。

又、体調が悪くなると鼻血が出る子供に対しては、十分な睡眠、栄養のバランスが整った食事を心がけましょう。


  
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ